夫婦共同で不動産を購入する場合、親子共同で不動産を購入
する場合等、良くあるケースだと思います。

この際、持分をどう決めるべきか、これは出資の割合に応じ
て決定しなければなりません。

何故か?

これは、例えば4,000万円の不動産を親と子とで親が
3,000万円出資し、子が1,000万円出資したにも関わ
らず親が2分の1、子が2分の1と登記した場合には、親か
ら子への1,000万円の贈与があったと同じ事と看做される
為です。登記の際の持分は出資の割合に応じなければなりま
せん。

因みに、ですが、上記の場合に、本来は親の持分4分の3、
子の持分4分の1、とすべきものですが、必ずしも約分する
必要はない為、登記の際に親の持分につき4,000分の
3,000、子の持分4,000分の1,000としたとして
も登記上は問題無いです。